プロフィール

GPZ900

Author:GPZ900
ヘヴィメタルとギターとPCゲームをこよなく愛する、GPZ900のBlog

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネック裏塗装剥がし

 友人がネック裏の塗装を剥がしてくれました(多謝!)。それから数日たって、木材が乾いてきたのでしょう、生鳴りが以前にも増して大きくなってきました(特にネック部分)。
 この激変ぶりを目のあたりにした今では、もうポリウレタン塗装のギターは買いたくないです。

 ところでYouTubeで見たのですが、古い映像でマイケル先生がインタビュー中に弾いていた白黒Gibsonも、かなり生鳴りがでかいですね。イングヴェイ君の白ストラトも、生鳴りが大きかったですし、このあたりに、スーパーギタリストが選ぶエレキギターに共通する秘密の一端が隠れているような気がします。

ネック裏塗装剥がし
スポンサーサイト

コメント

オイラの職業時代にも、”生鳴り”で選ぶ人がほとんどでしたね。
オイラはアンプからの”出音”で、決めてましたので、少数派でありました。
生鳴りしてても出音がいまいち、またその逆の物もあり、どちらが絶対とは
言い切れないところが難しいですね。
例えば、最近のギブソンみたいなひそかに穴が開いてる奴らなんかね・・・。
ちなみオイラの一番の茶色いレスポールは、”生鳴り”はしておりません。
が、”出音”は一番です。
難しいですなぁ・・・。あのVは分りやすい当たりの一本でしょうね。
ラッキーですよ、あれは。

>ひそかに穴が開いてる

あれには、がっくりですねえ…。

>生鳴りしてても出音がいまいち、またその逆の物もあり

たしかに、ネット上でも両方の意見があるので、やはりアンプで鳴らしてみて、あとは自分の耳を信じるしかないという事ですな。

湿気対策にXotic jel oil(エキゾチックジェルオイル)を生木の感じを残しつつ自然な光沢に仕上がります!古川師範代が使ってました!!

鳴りの良くする塗装方法でキャパリソンのプロホワイトやプロブラックという表面にナノ単位の粒子がコーティングされたハーフグロスフィニッシュもどれ位違うのか気になります。

アコギでピックガードの保護用ビニールが付いてるのに気付かず弾いててある日引っ掻いたらツルンと剥がれてから鳴りが違ったのが分かりました!エレキでは色んな要素が加わるので違いを見つけにくいですが多少なりとも気付かずに変わってるのでしょうね。

>湿気対策にXotic jel oil

興味があったので色々調べてみましたが、Xotic Oil Gelは原料に何が使われているのか分からないので、ちょっと使いにくいですねえ…。どこで作っているのかもはっきりしないですし、60mlで1200円は高いなあ…。
オイルフィニッシュなら、ホームセンターで売っている天然素材100%の桐油とか荏油でまったく問題ないかと。安いですし^^

>キャパリソンのプロホワイトやプロブラック

どういう原理で鳴りが良くなるのかが、公式サイトなどで説明されていないので、アタマから信用するのは危険な気がします。
ホースに巻き付けるだけで車の燃費を良くするという謎のパーツが販売されていたりしますが、それと変わらないような…^^;

木の板でエスカッションとかバックパネルとか作ったことありますが蜜蝋の固まりを擦り込んだら良い感じにツヤツヤになりました^^

そういえば昔のピュアロックでマコーリーシェンカーの頃に何にも通さないVで生音を音声のマイクで拾ってた状態で弾いてて結構鳴ってました!その音でマコーリーが歌ってましたし。

やっぱりポリ塗装って鳴りにかなりの影響を与えてるんですね。
話題になってるCaparisonのプロ塗装は一本持ってますが、俺の耳ではほぼ同じ仕様のポリ塗装の方との違いがあんまりわかりません(笑)
マットな質感なので手の脂やピックの削りかすがつきにくいという恩恵はありますがf(^_^;)

>lucaさん

機会があれば、ぜひ塗装を剥がして聞き比べてみてください。音もそうですが、2日くらいは部屋中に木の香りが漂いますよ、きっと^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gpz900.blog16.fc2.com/tb.php/472-c95c7661

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。