プロフィール

GPZ900

Author:GPZ900
ヘヴィメタルとギターとPCゲームをこよなく愛する、GPZ900のBlog

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペグを交換

 昨日の夜中、なんとなく思い立ったのでWashburn Laredoのペグを交換してみました。今まで付いていたものは、今ひとつチューニングが合いづらくて使いにくかったので、使っていないギターからペグを移植しました。
 取り付け方法が少し違うタイプでしたが、ペグのシャフト径は同じだったのですんなりと交換は完了。さっそく今日になって音を出してみると、やはりサウンドに変化がありました。ペグの材質や重量の違いなんでしょうが、ほんの少しきらびやかさが出たようです。
 外したペグを見てみると、裏側に「JAPAN」の刻印が。Washburnのロゴ入りのペグですが、日本製だったんですね。形状から見てGotohあたりではないかな。世界のGotoh、さすがですな^^
スポンサーサイト

コメント

おおっ。
軽くなったのですかね?
キラキラしたということは。
じゃついでに3コにしちゃうとか?

>軽くなったのですかね

取り付ける前に、比較するのを忘れたので重いか軽いかは分からんのです。弦交換の時に、もう一度外して比べてみるつもりです。
かなり安いモデルに付いていたペグを使っているので、造りが安っぽい分、軽くなっていそうではありますが。

逆にヤマハのアコギのペグをグローバーのインペリアルタイプに変えるとヘッドが重くなって心なしか引き締まった音になったような気がしました!
購入時、ピックガードの保護ビニールが付いていることを知らずに軟質の樹脂製だと思っててある日、ペロンと剥がれたら音がブライトになりました、アコギはちょっとした事で結構音変わります!

ペグを変えたり配線を変えたりという、ちょっとしたことでもサウンドに変化があるということは、ギターの音はいかに微妙なバランスの上に成り立っているかの証拠ですね。
それを活かせるかどうかは、弾き手に関わってくるんですけどね^^;

ですよね・・・。
真剣にいろいろやった散々能書きを語って、やったぜ、
って、きになってても、一万円のピンクの奴と変わらなかったり、ね・・・。
アンバランスなくせにイイ音って奴が好きだったりしますねェ・・・。俺。

>一万円のピンクの奴と変わらなかったり

安いからといって、必ずしも悪いと限らなかったり、高いから音が良いと限らないところが奥が深いというか、面白いですな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gpz900.blog16.fc2.com/tb.php/409-bf1b084c

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。